加納晃の雑記ブログ

日々、気まぐれに言いたい放題、書いている雑記ブログです。

暮らし

スマホ料金の節約で年間5万円以上の余裕資金を作り、貯蓄に回しませんか?

これまでにも書いてきましたが、スマホの利用料金は一向に下がりません。格安スマホが登場してかなり安くなったと仰る方でもおられますが、まだ下がる方法がありますよ申し上げます。 シニアになると安心な老後への準備に忙しいかもしれませんが、わたしは、…

アメリカ合衆国陸軍も推奨、重曹水(タンサン)の健康維持力に驚き

コップ一杯で健康になると言われる重曹水のことご存知でしたか?アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。 目 次 アメリカ合衆国陸軍、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨 重曹で癌が治せる!? お風呂や飲料水に重曹を 重曹…

をさはるみさんの詩「ひとりごと」にふれて

おはようございます。 3日ほどブログ書いていませんでした、今日は少し書いてみます。いつもご覧いただいている皆さんには気ままでもうしわけありません。このような気ままなブログを見て頂いて感謝します。 先ず、季節はずれ写真を紹介します。「さくら」で…

台湾有事には日本の防衛出動も視野に入れる日米、対中戦略を

台湾そして尖閣について中国の圧力がずいぶん迫っていると思います。そこでこの方をゲストにお迎えしました。 河野克俊さん(前・統合幕僚長,元・海将) 高橋洋一さん(数量政策学者,内閣官房参与)、長谷川幸洋さん(ジャーナリスト)梅宮万紗子さん(女優) 目次 …

この世の天才とは高橋洋一先生のような方なのだ

NEWチャンネル、3/26(金)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル#46 教育シリーズ・第1弾『天才高橋 教育の秘密!教育でしてはいけないこととは?』を視聴して高橋洋一先生の小中高校の学生時代のお話があまりにも面白かったのでその部分をから先に紹介しま…

日本人の個人情報 LINEから韓国、中国に漏洩

LINEは先週、無料通話アプリの個人情報がユーザーに十分な説明がないまま中国関連会社からアクセスできる状態にあったと発表した。現在、日本国内でのLINEの月間利用者は約8600万人。膨大な日本国民の個人情報が、他国、とりわけ中国、韓国にダダ漏れだった…

ヤフオクで1円落札の罠、 高い送料に慌てる

現在、節約型の暮らしに徹しています。 今風に言うとミニマニストということなのでしょう。 このような暮らしで、大切なことは必要なものを安く買うことです。 そこで、楽天市場、amazonやヤフオク、メルカリで価格を比べ 欲しい商品をお値打ち価格で探すこ…

もう電波オークッションは時代遅れ

3月10日、久しぶりのお陽さまの日差しが戻ってきました。太陽輝いていると、何かしらウキウキするのは私だけではないでしょう。お陽さまが輝いて居さえすれば健康で元気で明るく暮らせる。 先日、菅総理がメディアの「電波オークション」の導入を検討すると…

建築職人の労災事故は元請の責任とされるが、その実情は・・・

建築職人さんや一人親方さんはお金が稼げて結構華やかな世界と思われています。一方で、建築業の闇について語っている動画がありましたの紹介してみます。 命をかけて現場に出ている建築職人さんたちは建築現場で事故をしたらもうおしまいですと語る。その意…

どおして値段が下がらないのか落花生?

【JR八街駅前の落花生モニュメント】 落花生、戦中生まれの人は、南京豆と呼びます。この落花生がとても好きな方も多いのではないでしょうか?スーパーに並ぶ落花生は中国産が多く、封を開けてみると結構変形しているものや虫に食われているものが多く、農薬…

ガン死亡率、世界一の日本!その原因は農薬使用基準緩和!

ガン死亡率、世界一の日本!その原因は農薬使用基準緩和! 焦点 「日本政府は世界に逆行し農薬の基準を緩和」国際ジャーナリスト堤未果さん リンゴ農家木村秋則さん肥料農薬除草剤を使わない生産 印鑰智哉さん「日本政府、グリホサートの残留基準値を大幅緩…

楽天モバイルを引き続き通話無料が継続されデータ使用は50GBで月々2178円のFujiWifi

楽天モバイル「楽天UN LIMIT Ⅴ」を通話無料で使っています。 サービスエリア外では、パートナー回線(KDDI)を使って通話をしていましたが この場合の通話料は気になるものです。 サービスエリアの拡大を首を長くして待っていました。 最近、楽天モバイルの…

スマホ利用料が年間11万円の節約に成功

おはようございます。 いつも歴史や政治にたいすることを書いていますが今日は気楽な 一人暮らしの節約の一端に触れてみたいと思います。 贅沢は敵と自分に言い聞かせ、今風に言うとミニマニストの生活をしています。 その象徴的な経費節減と無駄を省く最初…

アメーバー経営から見た日本の家族制度

amazonから「アメーバ経営から見た日本の家族制度」と題する電子書籍を発刊しました。お読みいただけます。サブタイトルは「日本の地域社会は高齢単身者ばかりに」としています。この本では、戦後の家族制度のあらましを述べた後、高度経済成長の陰で地方か…

フジTV「とくダネ」30、40代の貯蓄が平均額52万円

30、40代の貯蓄が平均額52万円、しかも、50万円以下が47.7%だと言う。 その理由は、可処分所得が年々減じていることによるという。 つまり、手取り額の減少が深刻なのである。 収入に占める社会保険・税金の割合が、2001年15.6%から 2017年1836…

メニュエルを克服した高齢女性の話

メニュエルや目まいで困っている方もあろうと思う。 私の知り合いに、長年メニュエル症候群で困っていた女性がいました。 最近は、肩こりが酷くなり、次の症状が目まいだといいます。 以前にブログで紹介した奈良の友人から教えていただいた水素吸入器を紹介…

山本一力さんの人生から出た名言

直木賞作家の山本一力さんは生家は高知市の大地主であったが没落、 14歳の時に上京。通信機輸出会社、大手旅行会社、コピーライターなど 二桁の転職を経て、1997年に『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞してデビュー。 2002年には『あかね空』で直木賞を受賞。 …

夕焼け雲の美しさにうっとり

二日前、西の空を見上げると とても奇麗な夕焼け雲に感動しました。 うっとりとしていると いつまでもこの夕焼け雲はとどめることは出来ないと スマホで捕らえました。

食事代30%から75%もお得になるシステム発見

これから冬に向けて友人やグループで食事会や飲み会の機会は増えてきます。 そのようなあなたにお得な情報を提供します。 屋台のおでんの味を求めてチェーン店で一杯、はたまたで焼き鳥で親友と祝杯を・・・ 海の幸を求めて海鮮料理で舌鼓すべての食事代の50…

心筋梗塞、脳梗塞の原因とその予防

心筋梗塞、脳梗塞はこれまで50代以上の病気と思われがちであった。しかし、最近は様子が変わってきているようである。 取り分け、心筋梗塞は20代~30代にも心筋梗塞の発症が稀ではないということである。サッカーの元日本代表DFの松田直樹選手(34…

北海道大地震 甚大な被害 平成30年9月6日

9月6日午前3時8分ごろ、多くの道民が寝静まっている頃、北海道、厚真(あつま)町を震源とする地震が発生し震度7、むかわ町と安平(あびら)町で震度6強を観測するなど道内各地が強い揺れに襲われた。 政府によると厚真町などで9人が死亡した。同町で…

脳梗塞 後遺症から回復するリハビリ

この書籍では水素による健康を維持補できることが取り上げられています。 近年、日本人の死因のトップはがん(悪性新生物)ですが、 次いで多いのが心疾患、第三位は脳血管疾患で、このふたつはいわゆる動脈硬化性疾患。 そして脳血管疾患の主なものとして脳…

台風21号の爪痕

9月4日 お昼前に徳島県南陽市に上陸してその後明石市に再上陸。 三重県桑名、四日市、鈴鹿、亀山では停電が14:10から5日 02:00まで続き ライフラインと言うべき電力の遮断 食事もできず、お風呂にも入れず 当然、エアコンも扇風機も動かず 情報を得ること…

癌治療、抗がん剤の緩和治療に水素吸入

癌治療・抗がん剤の緩和治療に水素パワーが効果的 癌治療とがん予防における水素の効果について ここ数年、体をサビつかせて老化を進行させる存在として活性酸素が話題になっています。水素は活性酸素をとり除いてくれるという効果をもっている物質で、大量…

驚きの情報 水素が人類の救世主、21世紀の主役に!!

近鉄奈良駅から徒歩7分餅飯殿商店街を歩く 海外からのお客様でごったがえしていた。 商店街を背にした旧家が友人の家である。 そこに大阪から石川さんと言う紳士が来られていた。 おもむろにキャリーケースから 白くて高さ40cmの装置が出てきた。 言われる…

命の洗濯、石水渓の清流に身を清める

梅雨の合間を縫って、マイナスイオン充満せる鈴鹿山系石水渓の渓流へ ここは滋賀県と三重県の県境、亀山の西部に位置する峰城を陥落させた豊臣秀吉率いる織田軍が進軍した安楽越で有名な地。 渓流のせせらぎの音、緑の木々に覆われた山道をすすむ左手に清流…

官僚政治と洗脳されている日本国民

いつもブログを書き始めて1カ月程経つと何を書いたらいいのかと悩んでいます。 政治のことを書いても官僚政治が政治が変わるわけなくむなしい発言だけがブログに貯まっていく。 北朝鮮は米朝会談を1か月後に控えた昨日、拉致問題は解決済みと労働新聞に掲載…

卯の花、咲き誇ってそこに霍公鳥が

卯の花は万葉集にも歌われ 歴史も感じさせてくれる。 ホトトギス(霍公鳥)のさえずりが聞こえて 時の流れに身を置くはかなさも感じる。 卯の花の 過ぎば惜しみか 霍公鳥(ほととぎす) 雨間もをかず こゆ鳴き渡る ~大伴家持 『万葉集』 巻8-1491 卯の花が 散…

官僚の遣り口に潰されていった企業や法人、そこに眠る真実こそ報道されるべき

捏造記事が溢れる社会 今から3年前の事件のことです。 しかし、その事件の真相は何一つ世には出ていません。 官僚のリークによってメディアが動き捏造記事をもって、ある団体が社会から消されていった事案です。その新聞社は毎日新聞です。 その報道によって…

暇つぶし人生にアイリスの花

人生は、「暇つぶし」とがばいばあちゃんが言ったそうであるが日増しにこの言葉が好きになっている。 何とも奥深く、心に余裕を与えてくれている。そして、人生を楽しむことの大切さをかみしめることが出来る。 サラリーマン時代にこのことがを読んでも 全く…