加納晃の雑記ブログ

日々、気まぐれに言いたい放題、書いている雑記ブログです。

嘘を言うな、人を騙すな、正直であれ

読んで久しくなった、京セラの稲盛和夫さんアメーバ経営に再び目をとしている。

「嘘を言うな、人を騙すな、正直であれ」。これまでに、大企業が

虚偽の報告をするなどの不正や、会社業績を実態よりよく見せようとする

粉飾決算がおこなわれるなど不祥事が相次いだ。

真実をありのままに報告すれば不利益をこうむるので、

データを改漬して報告しようとか、不正を働いてごまかそうとか、

経営における倫理を守ろうとしない会社が数多く存在している。

 このような問題は、リーダーである経営幹部が自己中心的な行動をとらないよう、

自らを戒める倫理観が欠如していることに起因している。

それも、高度な哲学ではなく、「嘘を言うな、人を騙すな、正直であれ」といった、

小学校の子供が教わるような原始的で素朴な倫理である。

稲盛和夫さんは常々、リーダーとは、全き人格者でなければならないと言っている。

人格というものは、つねに変化するものである。人は、成功してちやほやされれば、

高慢になり、自分を見失うものである。

つねに自らを律し、研警積んでいなければ、高潔な人格というのは維持できない。

あらゆるリーダーは、集団を正しい方向に導くため、能力があり、

仕事ができるだけでなく、自己研讃に努め、心を高め、心を磨き、

すばらしい人格を待った人にならなければならない。

経営トップはもちろん、小単位組織のリーダーに至るまですばらしい人間性

備えることが必要である。と結論付けている。

この原理原則を何年たっても忘れてはならない。