加納晃の雑記ブログ

日々、気まぐれに言いたい放題、書いている雑記ブログです。

人間学

オリパラ/マラソン選手 道下美里さん奮起の言葉

お早うございます。 今朝のNHKで番組でパラリンピックの道下美里選手のリオでのパラリンピックで銀メダルに終わった悔しに涙したときの話が紹介されていた。 道下美里さん 彼女は小学生で目の病気にかかり中学生で右目の視力を失い、左目の視力もわずか。身…

倒産を余儀なくされた経営者には多くの共通点があり、成功する経営者の共通点がある

君は一人ではない 精神科の医師の「自殺者には話し相手がいない。 だから死を選ぶ」という新聞記事の記事を読んだ野口誠一氏は 自分の倒産の経験を活かし経営に行き詰って苦しんでいる人たちへの アドバイスする会を作ろうとして「八起会」を立ち上げた。 「…

誰かのために働くかということ

誰かのために働くかということ 一人アメリカに渡り修業を積み日本に帰国してから 島根県大田市大森町 わずか500人の町で全く一人で仕事を始め いろいろ苦難の道を辿りながら今日の会社を作った。 従業員は70名、年間の売上高は10億円、 社員みんなが…

会社は家族 社長は親

会社は家族 社長は親 私は会社とは何かということを長い間考えてきたが最近、 「会社は家族 社長は親」(PHP出版)を読んで感ずることが多かった。 この本は「日本で一番大切にしたい会社大賞」を創る推進役をされた 法政大学の坂本光司さんと IT企業で…

情報量と世の中を見続けると未来に対する直観力が養われる

人を動かす力 「人を動かす力」(PHPビジネス新書 渡部昇一)は 歴史に名を残す指導者は日ごろ何を考え何を拠りどころとして どうような行動をしていたのかを 豊臣秀吉、乃木希典、渋沢栄一、松下幸之助などを例に解き明かしている。 その中で指導者に必…