加納晃の雑記ブログ

日々、気まぐれに言いたい放題、書いている雑記ブログです。

癌治療、抗がん剤の緩和治療に水素吸入

癌治療・抗がん剤の緩和治療に水素パワーが効果的

癌治療とがん予防における水素の効果について

ここ数年、体をサビつかせて老化を進行させる存在として活性酸素が話題になっています。水素は活性酸素をとり除いてくれるという効果をもっている物質で、大量に活性酸素を発生させるという癌の治療や予防にも役立つといわれ、注目されています。そこで、水素と癌治療・がん予防について紹介します。

活性酸素の発生とがん予防と癌治療

酸素は体の中に入ると、血液中の赤血球に運ばれて、約60兆個の全細胞の中にあるミトコンドリアで燃焼され、人間の活動に必要なエネルギーが取り出されます。

 このようなエネルギーの代謝の際に使われた酸素の1~2%は活性酸素になります。しかし、このような活性酸素は体内に入ってきた細菌やウィルスなどを退治してくれます。

 活性酸素の発生が多すぎると、過剰発生した活性酸素が自身の細胞を攻撃し始めてしまい、活性酸素が細胞やその周りにある脂質やコレステロールから電子を奪うようになります。これが細胞の“酸化”になります。

 活性酸素は分子レベルで細胞から電子を奪い、DNAを構成する物質を変質させたり、傷つけてしまうのです。これが細胞がサビる原因になります。

 そうなると、その遺伝子情報をもとにして細胞が複製される場合、突然変異を起こす原因の一つとなります。そのような細胞は悪性新生物(ガン細胞)といわれます。

 そのため、このような過剰発生した活性酸素を取り除くことががん予防のポイントになります 。また、現在、癌治療を受けている場合には、発生した活性酸にこれ以上細胞を攻撃させないようにすることは癌の有効な治療方法といえます。

 がん予防も癌治療も発生した活性酸素による細胞の攻撃を防ぐという点で共通しており、効果的ながん予防と癌治療には活性酸素の無毒化がとても重要だといわれているのです。

活性酸素と水素について

活性酸素の中でも細胞やDNAを傷つけてしまうヒドロキシラジカルという悪玉活性酸素には強力な酸化作用があり、人体に影響を与えてしまいます。水素にはこのような活性酸素を無毒化する働きがあることがわかっています。

 癌をこれ以上なるべく増やさないという転移の抑制や癌治療のデメリットの軽減という点で、ヒドロキシラジカルのみと選択的に結合し、水に変換した後、体外に排出してくれるという水素の有効性が示唆されています。水素には癌治療やがん予防だけでなく、多くの病気の原因になるヒドロキシラジカルを除去して、癌や病気の原因を直接的に減らしてくれる水として大きな注目を浴び、現在多くの商品が出て研究が行われています。

癌治療とがん予防における水素について

水素を使った治療は水素療法といわれます。この療法は他の療法とも相性がよい治療法であると考えられ、他の癌治療と組み合わせることによって相乗効果を発揮できるといわれています。

f:id:kanouakira9:20210202211857p:plain

家庭用水素吸入器

小生も健康維持のために使っているものです。

 また、水素はがん予防にも有効な物質と考えられ、活性酸素を無毒な物質に変化させる働きがあると言われています。これは、悪玉の活性酸素と強く反応しやすいという性質が水素にはあるからだといわれています。水素の効果は、様々な老化や慢性疾患の原因となる活性酸素に直接的に作用するため、がん予防効果もあるのです。

水素と癌治療の副作用の関係

 現在、癌の病気に使用される抗癌剤治療などの製剤には様々な副作用が報告されています。例えば、シスプラチンと呼ばれる抗癌剤は、癌細胞のDNA鎖と結合し、癌細胞のDNAの複製を妨げることで癌細胞を死滅させる効果があります。

 しかし一方で、腎臓機能に障害をもたらし、腎不全などを誘発するという副作用があるといわれています。

 しかし、水素は薬剤ではありませんのでこのような副作用はありません。逆に、腎臓機能障害の軽減効果があるといわれています。そして、水素はシスプラチンの癌細胞を死滅させるというプロセスには全く影響しませんので、癌治療ではシスプラチンを投与しながら、水素を活用するという、併用方法による処置が可能だとされています。

 

まとめ

癌は体内にできる悪性腫瘍や肉腫の総称です。何らかの原因で細胞が無制限に増殖するようになり、周囲の組織を巻き込んで転移することもあるという恐ろしい病気です。放置することで命を失うまで増殖してしまうといった病気なのです。

水素は人間がもともともっている抗酸化システムの一意となるシステムとされ、これからさらなる需要の拡大が見込まれると考えられています。水素療法とよばれる癌治療や、がん予防として試みられる水素の摂取はこれからますます。